情報セキュリティ基本方針

株式会社三重電子計算センター及び株式会社ミエデンシステムソリューション(以下「ミエデングループ」)は、多くの情報資産を取り扱う情報処理サービス企業であり、情報資産のリスクに対する万全な情報セキュリティ対策を行うことが社会的責務であると認識している。ミエデングループの役員および社員は、以下の方針に基づいて策定した情報セキュリティ基本方針を遵守し実践することにより、全事業活動における情報セキュリティに全力で取り組み、確実で最適な運用体制を確立し、お客様や地域社会に対し安全・安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。

    1. 基本声明

当社が保有する全ての情報資産を、あらゆるリスクから守ることを目的とし、適切な情報セキュリティ対策を実施するため、この情報セキュリティ基本方針を定めます。

    1. 適用範囲

当社で取り扱う全ての有形、無形の情報資産を対象とし、お客様から預かっている情報資産も含みます。

    1. 情報セキュリティ管理策

情報資産の管理を行うために情報セキュリティの詳細管理策を定め、適切な対策を実施します。

    1. 法令およびその他の規範の遵守

当社の役員および社員は、個人情報保護法をはじめとする法令およびその他の規範を遵守するとともに、関連取引先との契約、 当社の定める情報セキュリティ関連規程を遵守します。

    1. 内部監査

当社の内部監査委員会は、情報資産の管理が適切に行われているか、定期的に内部監査を実施します。

    1. 教育・訓練

当社の役員および社員に対して、情報セキュリティ教育を定期的に実施し、情報セキュリティ対策の重要性を理解し実践できる ように周知徹底を図ります。

    1. 社員の義務

当社の役員および社員は、当社の定めた情報セキュリティ関連規程に従って行動します。これに違反した場合は、就業規則の懲戒規定を適用し厳重に処罰いたします。

    1. 見直し

当社は、情報関連技術の進歩や法規制の変化等を考慮し、情報資産のリスク評価を継続的に実施し、情報セキュリティ基本方針、および各種施策に反映させることにより、情報セキュリティ対策の適宜見直しを行い、継続的な改善を行います。

平成18年3月1日 制定
平成24年7月1日 改定