medicalhistoria

患者の病歴情報(診療情報)を効率よく管理することができるWeb型システムです。
統計帳票やデータ検索も充実しておりますので、診療情報分析や学会発表・研究にもご活用いただけます。
退院サマリやカルテアリバイ管理(紙カルテ)、がん登録(オプション)も可能です。

≫パンフレットはこちら(A3)

≫パンフレットはこちら(A4)

特徴

  • クライアントはブラウザのみで稼動しますので、電子カルテや部門システムとの共存が可能です。
  • クライアントのライセンスはフリーであり、複数のパソコンでご利用いただけます。
  • 多数の統計帳票により診療情報分析にもご活用いただけます。
  • 様々な複合条件によるデータ多重検索を備え、検索結果のCSV形式取り出しも可能です。
  • パスワードによるシステム利用権限の制限、および利用者のログ採取やデータ改ざん対策を備えております。
  • 上位システム(電子カルテ・オーダリング・医事会計)からのデータ取り込みも可能です。
  • 標準コード(病名:ICD10、手術:ICD9CM)を使用し、病歴情報の標準化をご支援いたします。

期待効果

データの情報共有

患者の病歴情報(診療情報)を職種・部署にまたがって迅速かつ確実に情報共有。

診療録管理体制加算の施設基準適合

疾病統計や疾病検索などにより「診療録管理体制加算」の施設基準の適合。

病歴データの二次利用

統計帳票やデータ多重検索により経営・分析・研究などへのデータ利活用。

入力者の負荷軽減

効率的な入力による病歴情報の登録作業時間の軽減。

病歴事務者の負荷軽減

カルテのアリバイ管理による病歴事務の負荷軽減。

院内データの有効活用

上位システムからのデータ取り込みによる重複入力の抑止。

主な機能

サマリ情報の管理

  • 患者の病名情報、手術情報、紹介情報、検査情報、所見情報、他科受診情報、汎用情報、患者基本情報、入退院情報を登録・管理
  • 退院時要約(サマリ)の作成

medical-01 medical-02

入院カルテのアリバイ管理(貸出・返却管理)

  • 紙カルテの所在管理/確認
  • 紙カルテの貸出・返却管理
  • 督促状の発行

統計帳票の作成

日本病院会統計に準拠した統計。

  • 患者統計(全28種類)
  • 疾病統計(全99種類)
  • 手術統計(全9種類)
  • 死亡統計(全13種類)
  • 月次統計(全6種類)
  • その他統計(全5種類)
  • 患者リスト(全5種類)
  • サマリ・カルテ帳票(全4種類)

medical-02

データ多重検索

  • 様々な複合条件(AND・OR・NOT)で病歴データを検索。
  • 検索結果をCSVファイルに取り出し可能。

medical-04 medical-06

データ取り込み

  • 上位システム(電子カルテ、オーダリング、医事会計)から患者基本情報、入退院
    情報、病名情報を取り込むことが可能(パッケージ標準インターフェース使用時)
  • 標準インターフェース以外の接続は別途相談。実績はあり

オプション

  • がん登録オプション
  • 看護サマリオプション
  • 外来カルテオプション

システム構成例

PKG紹介_病歴管理システム_02

動作環境

サーバ兼クライアント

  • CPU:Intel CORE2 1.8GHz以上
  • メモリ:2GB以上
  • ハードディスク:10GB以上の空き容量
  • OS:Windows8.1 / 8 / 7 / Vista

クライアント

  • OS:Windows8.1 / 8 / 7 / Vista
  • ブラウザ:Internet Explorer 7.0以上
  • 画面解像度:1024×768以上

その他

  • プリンタ:A4対応レーザプリンタ
  • バーコード出力可能ラベルプリンタ(必要に応じて)
  • バーコードリーダ(必要に応じて)