ReLyM

患者の医療相談データを管理することで相談業務をサポートし、患者からの信頼を向上
させると共に、各種集計表を活用することで、業務の効率アップにお役立ていただけます。

≫パンフレットはこちら

特徴

  • クライアントはブラウザのみで稼動しますので、電子カルテや部門システムとの共存が可能です。
  • 医療相談情報を蓄積することで、患者の詳細な相談の経過把握が可能です。
  • 蓄積した医療相談データから各種集計表の印刷、CSV形式でのデータ取り出しが可能です。
  • 上位システム(電子カルテ・オーダリング・医事会計)からのデータ取り込みも可能です。

期待効果

相談業務をご支援

  • 患者の相談内容、相談状況等を効率的に管理。
  • 相談の履歴を正確に把握。

データ分析

登録データをCSVファイル形式で出力し、Excelでの分析や二次加工が可能。

主な機能

相談登録

相談用登録シートの内容(項目・選択肢)を病院様で設定することが可能です。
 (シートは複数作成することが可能)
相談の履歴を時系列(シート単位または全体)で参照することができます。
relym-01 relym-02

匿名患者登録

電話などの匿名相談や入院(受診)前の患者番号がない相談者の登録が可能です。

匿名患者紐づけ

匿名相談がのちに氏名が判明した場合や受診された場合に、患者番号を割り振ることが可能です。
relym-03

CSVファイル出力

指定された条件に該当する相談依頼データを抽出し、結果をCSVファイルとして取り出すことが可能です。
取り出したCSVファイルはExcel等で加工することで、各種分析資料として利用することができます。

データ取り込み

上位システム(電子カルテ、医事会計)から患者基本情報を取り込むことが可能(オプション)。

システム構成例

img

動作環境

サーバ兼クライアント

  • CPU:Xeon Silver4208 同等以上
  • メモリ:16GB以上
  • ハードディスク:300GB以上 RAID1
  • OS:Windows Server 2016 以上

クライアント

  • OS:Windows 10 以上
  • ブラウザ:Internet Explorer 11.0、Microsoft Edge(Ver 77以上)
  • 画面解像度:1280×768 以上

その他

プリンタ:A4対応レーザプリンタ