既存は地域に根差した病院であったが建屋の老朽化に伴い、また地域の医療ネットワークの見直しで診療所として新たに開院されるH診療所様に電子カルテ導入を行った事例。

導入の背景

既存病院の建屋老朽化と地域の医療ネットワークの見直しによる診療所としての開院。

導入のポイント

電子カルテシステムをはじめとする院内情報システムをトータル提案。その際に病院から診療所に改変されることによる運用の見直しを含めたトータルコーディネイトを行う。

  • 電子カルテシステム:富士通 HOPE/EGMAIN-RX

導入の効果

現在導入作業中であるため期待値として。
診療所として建屋含めた新規開業となるため、新たな建屋に合わせた運用を行うことにより、業務効率化が期待されます。