志摩市の地域医療ネットワークの構築事例。

導入の背景

志摩市の地域医療ネットワークを構築し、市民に提供する医療の質を向上したい思いがありました。

導入のポイント

志摩市がもつ1病院・2診療所をネットワークで結び、電子カルテの診療情報を相互に活用するシステムを提案。

  • 病院の電子カルテシステム:富士通 HOPE/EGMAIN-LX
  • 診療所①の電子カルテシステム:富士通 HOPE/EGMAIN-RX
  • 診療所②の電子カルテシステム:富士通 HOPE/EGMAIN-CX(既存)

導入の効果

現在導入作業中であるため期待値として。
各医療機関の電子カルテデータを相互に参照することにより、患者の他機関における診療内容が即座に把握でき、診療の質の向上が期待されます。