地域に根差した病院であるI病院様に当社自社パッケージである病歴管理システムを導入し、運用の効率化を図られた事例。

導入の背景

既存の基幹システム(病歴管理システム)の老朽化に伴い、また診療情報管理業務の効率化を図りたい思いがありました。

導入のポイント

診療情報管理業務の運用見直しを含めた病歴管理システムを提案。また、電子カルテシステムを同時導入提案。

  • 病歴管理システム:当社自社パッケージ Medical Historia
  • 電子カルテシステム:富士通 HOPE/EGMAIN-LX

導入の効果

  • 電子カルテとの連携により、入力効率が向上。また、様々な帳票を活用することにより診療情報活用や病院運営に貢献しております。